コロナ騒動の中

次にいつお店に来れるかもワカラナイ…

 

 

思い切って

お家でセルフヘナをやってみよう

 

 

そんなゲストさんが増えてきてます

 

 

 

お店でヘナパウダーを購入したものの

「どうやったらいいの(・・?

 

 

 

そういうお声にこたえて解説しよう

 

ハナヘナペーストのつくり方をレクチャー

 

 

 

 

まず 用意してもらうのは

 

  • ハナヘナ(ヘナナチュラル)
  • ボウル(大きいサイズ)
  • 泡立て器
  • 手袋
  • ハケ(なければ手でもOK)
  • 量り
  • タオル(汚れてもよいもの)
  • ラップ(シャワーキャップもあれば◎)
  • ペーパー(生え際に垂れ防止につかう)

 

 

 

 

使用するパウダーの量は

 

はじめての人なら

 

まずは50gを”分け目”や”生え際”の

気になる部分中心に塗ってみて下さい

 

 

※長い髪なら100gでも全然足りませんが

最初の2回目までは50gづつ使って

セルフヘナに慣れてから使用量を増減するのを推奨しています

 

 

 

 

①ボウルにパウダーを入れる

 

 

ここでポイント☝

 

このまま泡立て器で混ぜる

 

 

理由は

ダマが出来にくいようにするため

 

 

 

 

 

②水orお湯でよく溶く

(熱湯はNG!)

 

パウダーに対して3.5倍

水分量が白髪染めにはベスト☆

(トリートメント目的なら水が多くても〇)

 

 

 

ここでもポイント☝

 

まずは3倍の量だと思って水を加える

 

 

理由は

ついつい入れ過ぎてしまうから💦

 

 

 

 

 

 

3倍の水でゆっくり溶きます

 

しばらくすると明らかに水分量が少ないと感じるはず

 

 

 

 

 

④混ぜながら水分量を微調整してゆく

 

 

少ーしづつ様子をみながら水を加えてゆく

よくたとえられるのはマヨネーズくらいの固さね

 

 

 

 

 

 

⑤あとはひたすら混ぜ続ける

 

 

ダマがなくなるまでしっかりと

グルグルグルグル~ 混ぜ混ぜ

 

 

 

 

 

なめらかなペースト状になって

天然のヘナ特有のねばりがでてきたら

 

 

 

 

ハイっ

できあがり

 

 

 

 

 

 

ここでもまたポイント☝

 

 

さぁ ヘナのペーストも完成したし

すぐに塗りたくなるはず

 

 

 

だけど

ちょっと待って✋

 

 

 

 

このまま寝かすことでメリットがあるんだ

 

 

 

コチラの

一日そのまま放置した画像を見て欲しい

 

 

 

 

まったく色が違うでしょ

 

 

これはヘナの持つ色素と油分もでてきて

髪のトリートメント効果・効能もUP⤴⤴⤴

 

 

 

こうやって寝かしたものを

”熟成ヘナ”と呼びます

 

 

 

 

動画でも確認してみて

 

⇩⇩⇩

 

 

 

※)実際にお家でセルフでするとき

そんな時間は待てないっていう

せっかちさんなら

 

 

せめて 混ぜてから60分くらいは置いといて

塗る前に”湯煎”で冷たさを感じない程度に

温めて塗るようにしてみてよね

 

 

 

 

ご注意)

インディゴの場合は

ペーストを作ったら寝かさずに

”すぐ”に塗るようにして下さい☝

 

(インディゴは時間が経過して

しまうことで染まらなくなりますので)

 

 

 

あなたの髪と頭皮のお悩みが

植物のチカラで理想の髪になりますように

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくれてありがとう♬

 

 

 

 

 

新型コロナ感染対策について

当サロン内での対策記事はココから

 

 

 

 

お問合せ・ご予約はコチラから

0794-83-2866

 

HAIR SHIFT 公式LINE

おすすめの記事