「世界名作劇場」

再入門のすすめ

 

 

 

『赤毛のアン』が

再放送を機にトレンド入り

 

 

こんなニュースをスマホでみた👀

 

 

スタジオジブリを設立する前の

宮崎駿氏らが手掛けた作品

 

 

 

 

当時から

女子が見るのアニメってイメージが強くて

 

 

 

まったくもって見たこともない

 

 

 

 

 

「世界名作劇場」なら

 

やっぱり 男だったら

トムとハックが活躍する

 

 

 

 

コレでしょー♪

 

 

 

 

 

つい最近

40年ぶり! 全49話を見直してみたんだ

 

 

 

いやぁ 懐かしい

ぜんぜん覚えてないエピソードもあったけど

 

 

あの頃に見たアニメって鮮明に記憶に残ってるもんで

 

 

 

前々から もう一度見たいって思ってたものの

 

 

なかなか 実現しなかったのは

 

子供の時に 怖くてトラウマになってる

 

 

 

 

あの

 

 

インジャン・ジョー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらためて

見直してみると

 

時代背景や 周りからの偏見の目があったりして

 

 

根っからの ならず者じゃなかったように思う

 

 

 

 

 

40年前の見たまんまのイメージだったんが

 

大人になってじっくり見返したら

 

なんか 違う印象に感じたんよね

 

 

 

 

あの頃 好きだった「世界名作劇場」

いまだからこそ 見直してみるのもエエかも^^

 

 

 

 

 

 

 

当初のイメージと変わったのは

 

うちのお店のメインMENU  ヘナだってそう

 

 

 

全国の”ハナヘナ”取り扱い店の

ほとんどの理美容師たちが

 

もともとは”ヘナ嫌い”だったはず

 

 

 

 

 

 

 

 

その理由は

 

実際に使ったことないくせに

 

 

  • ヘナは染めるのに時間がかかる
  • ヘナはぜんぜん染まらない
  • ヘナをしたらその後パーマができない

 

 

こんな噂だけで 使ってみようともしなかった

(僕もその中のひとり)

 

 

 

 

それが

”ハナヘナ”に出会って考えが変わっちゃて

 

 

知り合いの美容師さんなんかは

新たにヘナ専門店をOPENするほどになった(^^)

 

 

 

 

 

 

だけどね

 

ネットで検索したらでてくるような効果・効能

 

◇体内を浄化させる(デトックス)

◇子宮の働きを整える(ヘナで子宮が元気に)

 

 

こんなような現象が起きるとは

到底 思えないし

 

 

 

 

僕らのような医師免許を持たない者は

言ってはいけないお話しになってしまう。。。

 

 

 

 

 

定期的に繰り返し染め続けても

髪と頭皮にかかる負担が少なくて

 

敏感肌だって安心して

気になる白い髪を染めることができる葉っぱ

 

 

それが ”ハナヘナ”

(事前のパッチテストは必須条件)

 

 

 

過度な期待はしてはいけません

 

 

 

 

 

↑↑↑

 

こんな感じのイメージで

 

 

 

ヘナは素晴らしい

心身ともに身体の中から幸せに導くハーブ

 

 

なーんて大げさに崇拝しないで!

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくれてありがとう♬

 

 

 

 

新型コロナ感染対策について

当サロン内での対策記事はココから

 

 

 

 

 

お問合せ・ご予約はコチラから

0794-83-2866

 

HAIR SHIFT 公式LINE

おすすめの記事