【経皮毒】が気になりだし”ヘナ染め”にたどり着きました

 

何気ない日常の生活で

あたり前のように使う洗剤や

日用品などに含まれる有害な化学物質が

 

皮膚を通過し体内に侵入して脳や

身体に多大な悪影響を及ぼすといわれる

 

『経皮毒』(けいひどく)

 

 

毒って言葉だけでも

なんだか怖いイメージがあるよね

 

 

 

 

このブログを書いてるのは

天然100%の植物を使って

 

  • 髪のダメージ
  • 頭皮のトラブル などで

 

『今のヘアケアに疑問を感じて

髪の毛や地肌には自然派素材で

将来的な”不安”を取り除きたい!』

 

 

そんな方に向けて

ビギナーさんでもわかりやすい

”ヘナ染め”に関することを中心に綴る

 

健康的な白髪染めサポーターNoriです

自己紹介はコチラ

 

 

 

そんな「経皮毒」に関することで

公式LINEに質問がありました👀

 

コチラ

いつもは普通の”白髪染め”を
美容室や自分でしてるのですが
『経皮毒』が気になりだし、
”ヘナ染め”にたどりついました身体に優しい白髪染めは
”ヘナ染め”しかないのでしょうか?又 ヘナ染めは
黒髪部分は染めらないのでしょうか?

 

 

ご質問頂きありがとうございます♬

”ヘナ染め”以外で身体に優しい白髪染めは
「ヘアマニキュア」かお風呂場で使う
「カラートリートメント」が一般的ですね

 

ヘナは白髪がオレンジ色に染まって
黒髪にも染まるのですが黒い地毛に
重なるので ほんのりオレンジがかる程度です

 

 

 

それと
もうひとつ質問させてください普通の”白髪染め”を頭皮につけずに
やる場合は身体への吸収 特に”子宮”に
いくことはないのでしょうか?

 

 

『経皮毒』については
2005年に出版された本の著者が
しようされた造語で学術的には
用いられない科学的な裏付けがない
モノですのでヘアカラー剤を頭皮に
つけてもつけなくても身体や”子宮”に
吸収される事はないと考えています

 

 

 

 

そうっ

造語として登場して

 

健康食品なんかの勧誘手段で

殺し文句として独り歩きしたもの

 

それが『経皮毒』

 

 

 

たしかに

化学染料のヘアカラー剤は

好みの色味にしっかり白髪が

染めることができる反面

 

敏感肌やアレルギー体質の人なら

”カブレたり”と悪影響もあるものの

 

だからといって

体内まで侵入したり

まして”子宮”への影響まで

気にされなくても大丈夫ってことね

 

 

ちなみに

うちのお店じゃ”ヘナ”

本格的に取り扱うようになって10年

 

それまでメニュー化してた

「ヘアマニキュア」や

「カラートリートメント」は

一切出番がなくなってしまった😁

 

 

 

”毒”っていう

怖い言葉に惑わされないで~✋

 

 

最後まで読んでくれてありがとう♬

では また明日

 

 

お問合せ・ご予約はコチラから

0794-83-2866

 

HAIR SHIFT 公式LINE

公式ホームページ

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事