じゃじゃ馬の由来・語源

 

 

 

「じゃじゃ」は、うるさい声をいう擬音語「じやじや」が変化したもの。
うるさい声を出してわがままをいうことを「じゃじゃを言う」と表現した。

そこから、人に馴れない暴れ馬を「じゃじゃ馬」というようになり、
さらに比喩的に人間、特に女性を表現するようになった。

ネット検索より

 

 

 

一般的に”じゃじゃ馬”っていうのは

 

性質が激しく わがままで扱いにくい人

特に言う事を聞かず思い通りふるまう女性のことをいう言葉

 

 

 

 

 

 

敏感肌の方でも

安心して染められるハーブ

 

ヘナナチュラルなら

ほとんどの人が違和感なく染めれるけど

 

 

 

インディゴは注意が必要

扱いづらくて ”じゃじゃ馬”と表現されちゃうことも

 

 

 

 

 

✅感作性が悪く頭皮に刺激を感じることがある

✅キレイに発色させるのにコツがいる

 

 

 

ある程度 白い髪の割合があると

基本的な染め方になる

 

 

ヘナナチュラル⇒インディゴの

2度染め

 

 

 

 

お家でセルフで

ヘナナチュラルは染めれたけど

 

 

根元のオレンジ色が目立ち過ぎる

 

これをどうにかしてほしいと

今年の2月以来 久しぶりに染めに来てくれた

 

「M」さん♪

 

 

before

 

 

 

自分では見えないから

染めづらいネープ部分も

 

 

予想以上に上手に染められました

 

 

 

 

 

根元だけ

”インディゴ”塗布しながら

 

 

 

この日は同時にフットネイルも

同時に施術させてもらうことになりました

 

 

夏を感じるデザインにして

足元だってオシャレを楽しみたいですよね💅

 

 

 

 

放置タイム後に

あれこれすれば

 

 

ハイっ

できあがり♪

 

 

 

仕上がりは動画でどうぞー

 

 

➷➷➷

 

 

 

 

 

染めあがりの色味は

うすーい緑色っぽくなるけど

 

 

これが24時~48時間で

自然なブラウン色に変ってゆく

不思議でしょー

 

 

 

髪色だけじゃなく

 

”クセ”も自然に伸びて扱いやすくなってる

 

 

 

 

 

 

「M」さんのように

明るい髪色が好みの方なら

 

 

 

インディゴ

毛先に塗ってしまうと

その部分はドンドン暗くなってしまう、、、

 

 

 

そして その後に明るい色に戻したくなっても

ブリーチ剤を使ったとしてもムラムラになる☠

 

 

 

 

なので

お家で自分で染める

2度染めは難しくなるので

 

誰かに塗ってもらうか

生え際やトップの分け目など

 

目立ち過ぎる部分にだけ塗るのがエエよ☆

 

 

 

”インディゴ”ってやつは性質はややこしいので

扱いには注意が必要ですってお話しでした

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくれてありがとう♬

では また明日

 

 

 

お問合せ・ご予約はコチラから

0794-83-2866

 

HAIR SHIFT 公式LINE

 

 

 

おすすめの記事