過去にヘアカラー剤で

頭皮がカブレてしまった…

 

 

左半分にかさぶたができて出血するほどの

怖い体験をされてからヘナを求めて来てくれた「Y」さん♪

 

 

初来店から3年3か月経っての再来店(嬉)

 

 

 

ヘナで染めると

確かに頭皮の刺激はなかったものの

 

 

「やっぱり!髪色は明るくしたい」

って思いがあり

 

 

最近はヘアサロンで地肌に保護剤を使ったり

頭皮を空けてカラー剤を塗ってたそうですが

 

 

 

before

 

 

 

それでも頭皮に違和感を感じるようになったり

髪のダメージも気になるようになり

 

 

 

久しぶりにヘナのことを思い出してくれたそう

 

 

 

 

 

 

 

化学染料のヘアカラー剤で

頭皮に刺激を感じる原因はいくつかありますが

 

一番多いのはジアミンと呼ばれる染料成分

 

 

 

「Y」さんのような場合は

ジアミンを含まないライトナーという

脱色剤で明るくさせる方法が有効的な場合も☝

(必ずパッチテストは必須条件になります)

 

 

 

 

そんなライトナーっていうのがあるよと

お話しをさせてもらいましたが

 

 

今回はバージン毛と既染毛のバランスをみて

2度目の体験になる

 

 

お久しぶりの

ヘナナチュラルで染めることになった

 

 

 

頭皮にベットリ付かないように気をつけて

毛先にはがっつり盛る

 

 

 

 

「あぁ こんな匂いだった思いだした~」

って香りを懐かしがってもらいながら

 

 

まったり放置タイムを過ごしてもらって

 

 

なんやかんやしたら

 

 

 

できあがり♪

ジャン

 

 

動画で仕上がり見てみてー

↷↷↷

 

 

 

 

 

 

 

”ヘナ染めは

髪が明るくならない”

 

 

っと巷ではいわれてるけれど

 

「Y」さんの髪色

beforeよりもだいぶ馴染んでると思わない!?

 

 

 

たしかにヘアカラー剤みたいには

自由好みの明るさを選べることはできないけど

 

”ハナヘナ”で染めると

髪質よれば意外と明るく見えるものです

 

 

 

 

 

 

今後の提案として

 

次回はライトナーで地毛は明るくして

毛先にはヘナナチュラルを塗れば

 

ダメージをケアしながら

髪色を明るくできるようになれる

 

 

 

(かもよ?!)

 

 

 

事前のパッチテストで違和感があったら

絶対NGになるのでご了承くださいね😅

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくれてありがとう♬

では また明日

 

 

 

お問合せ・ご予約はコチラから

0794-83-2866

 

HAIR SHIFT 公式LINE

 

 

おすすめの記事