何度生まれ変わっても、また君に恋をする

 

 

インド生まれのヘナを扱うようになったら

いつの間にか”ボリウッド”も好きになった

(ボリウッドってのはインド映画のことね)

 

 

 

今日 ご紹介するのは

宝塚歌劇団でも舞台化された

 

 

『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』

 

 

 

 

 

 

 

主演とヒロインは

  • シャー・ルク・カーン
  • ディーピーカー・パードゥコーン

 

 

 

はじめて観たボリウッド映画

「チェンナイ・エクスプレス」

同じだったのが嬉しい☆

 

 

 

ディービーカー・パードゥコーンは

デビュー作とは思えない妖艶な演技にビックリ👀

 

 

 

 

 

 

 

日本でも2013年に公開されてて

あまりに面白さに

 

 

インド国内の鑑賞スタイル

観客自身も声を出して歌って・踊って・自由に弾ける

 

 

 

「上映中は賑やかに!」

そんな”マサラ上映”が実施されるほど

瞬く間にして全国各地に広まったという

 

 

 

 

 

 

映画館での上映時間は

3時間16分

(DVD版は2時間49分)

 

 

 

っと メチャ長いんだけど

ストーリに引き込まれて ダレずに見終えた☝

 

 

 

 

 

 

 

あらすじは

予告編の動画でどうぞー

 

 

↷↷↷

 

 

 

 

 

タイトルにある通り

 

インド哲学の”輪廻”(りんね)っていう

思想を現代に合うように解釈した物語

 

 

”命あるものは何度でも生まれ変わり

生前の行いによって次に生まれる世界がきまる”

 

 

 

 

 

映画を観終わって考えてみた

 

自分だったら生まれ変わったらどうしたいか

 

 

うーん どうするだろう…

 

 

 

 

やっぱり!またヘナを扱ってるだろうな

 

 

 

今度はもっと早くからメニューに化して

ヘナ染めだけの専門店もつくりたい

 

 

 

 

そして

白い髪を染めたいのに

アレルギーを抱えてる諦めてる人をなくす

 

 

 

 

 

 

あっ!でも それって

今からでもデキるよな

 

 

よっしゃ毎日コツコツ

天然ヘナに関することが

届くように発信してゆくよー😁

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくれてありがとう♬

では また明日

 

 

 

 

お問合せ・ご予約はコチラから

0794-83-2866

 

HAIR SHIFT 公式LINE

 

 

 

おすすめの記事