北アルプスなど2200M以上の高山で生息し

氷河期の生き残りと言われてる

 

日本で絶滅危惧種とされる”ライチョウ”

 

 

地球温暖化の影響もあり

今世紀末にはほぼ消滅する恐れもあるらしい

 

 

 

 

そんな特別天然記念物のライチョウ

 

 

1年に3回 羽の色が変わる

 

体の羽が季節によって違う色の羽が伸びて

体の色がガラッと変化するという

 

雪や岩肌と同様の色になることで

外敵から身を守る保護色になるんだって

 

 

 

山岳会のメンバーが

北アルプス五竜岳で逢えたと教えてくれた

 

 

 

 

岩の上にいると

ほとんど同化して見分けがつかなかったそう👀

 

 

 

天然ハーブの種類による染まりの違い

 

 

さて

天然ハーブでの白髪染めもライチョウのように

しっかり目立たなくなってくれればいいけれど

 

 

選ぶ色味によって仕上がりは変わります

 

 

 

 

”ハナヘナ”のラインナップなら

気になる白い髪を染めるときは

 

  • ヘナナチュラル
  • 2度染め
  • ハーブブラウン
  • ハーバルマホガニー

この4種類がメインになる

 

 

 

仕上がりの髪色ができるだけ

落ち着いた暗い方が良いって人なら

 

ハーバルマホガニー

(ヘナ2:インディゴ8)

 

 

 

2014年に初来店の「S」さん♪

 

最初の頃は

いつもはハーバルマホガニーを愛用

 

 

染めてから1カ月後はこんな感じ

 

 

➷➷➷

 

 

インディゴが混ざると

染まり具合は悪く”ぼかす”程度

 

 

3回ほど重ねて塗ってゆくと

黒っぽく濃くなっていきます

 

 

 

 

「S」さん自身は

この色味を気に入ってたけど

 

周りから反対のお声もあり

 

 

数年前から

時間も余分にかかってしまう

 

 

2度染め

(ヘナ⇒インディゴ)

 

 

 

すっかり

根元~毛先まで

完全に2度染めで染めた色になったのが

 

 

コチラ

 

 

 

 

 

ハーバルマホガニーと2度染め

 

仕上がりの髪色をじっくりと見比べてみたら

 

こんな感じっ

 

 

➷➷➷

 

 

 

 

 

ホントに同じ人ってくらい

イメージが違うでしょ👀

 

 

 

髪色に関しては好みだから

好きな方を選んでもらっていいんだけど

 

 

「S」さんはもともと”うねる”髪質で

同じようにクセっ毛さんなら

 

最初のヘナナチュラルを塗る

2度染めの方が

 

髪がまとまりやすくなる効果もあるから

毎日のスタイリングも楽になるよ

 

 

 

 

白い髪の割合いや髪質で

同じ染め方をしても

 

仕上がりは違って見えることもあるけど

 

これから

天然ハーブの染料で髪を染めたいっていう方は

是非ひとつの参考にしてみてよね

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにメンバーが送ってくれた

動くライチョウはこちら

 

 

 

来年こそは

北アルプスの山頂でリアルにあってみたいわ😁

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくれてありがとう♬

では また明日

 

 

 

 

 

お問合せ・ご予約はコチラから

0794-83-2866

 

HAIR SHIFT 公式LINE

 

 

おすすめの記事