9月に咲く赤い花といえば

彼岸花(ヒガンバナ)

 

兵庫県内でも珍しい

開花時期が異なる5色が境内に咲く

 

「花の寺」といわれてる

加古川市の円照寺(えんしょうじ)

 

 

 

白・黄色・ピンク・オレンジ

そんなのも見れると聞いて行ってきた

 

中でもピンク色の株はめちゃ貴重らしい

 

もうちょっとピークは過ぎてて

数日早かったらもっと鮮やかだったそう

 

 

お花は色とりどりに咲けばキレイでも敏感肌で白髪を染めるなら色は選んではいけない!

 

 

そんなことを強く感じたのは

はじめましてのゲストさんの「Y」さん♪

 

 

こてまで20年間は

同じ美容室でヘアカラーで白髪染め

アラフォーになった頃に頭皮湿疹・炎症ができるようになり

 

 

染める前には頭皮にステロイドで保護し

その後のケアにもまた塗っていたという

 

before

 

一カ月半のペースで繰り返し染めないと

目立ってくるし だけどこのまま続けて

大丈夫!?っと不安になり

 

うちのお店をネットで見つけてくれた

 

 

 

 

以前の美容室さんでも

”ヘナ”を取扱うようになったそうだけど

 

色が選べないからオススメしない

それに比べてヘアカラーなら

 

こんなに豊富な色の種類が選べるから

こっちにしときって染めてくれなかったという💦

 

 

 

おっと それはアカンやろ

 

20年も通ってくれてるのに

なんかあったらどないするん

久しぶりに メチャ腹立つ

 

 

 

それぞれの考えやり方があるとはいえ

ここまで敏感な状態になってると

化学染料のカラー剤は本当に危険なこと

 

 

ヘアカラ剤でカブレた経験があるから

地肌の弱い人の気持ちはよくわかる

 

髪の毛が傷んでしまっても

ぶっちゃけ切ってしまえばすむけど

 

 

一度アレルギーが発症したら

もう2度と完治しない恐れもある💀

 

 

 

一般的に多くの理美容師さんは

新しい流行りのオシャレを提供したがる

 

僕もそういう時期もあったけど

今は一番重視してることは敏感肌の人が

抱えてる悩みが解消することをしていきたいんよ

 

 

after

 

「Y」さん 特に違和感を感じることもなかったらしく

まずは一安心 その後の感想が楽しみ

 

 

 

 

今あなたが通ってるお店は

何を得意分野にしてるか把握してますか

 

なりたいスタイルを目指すなら

そこを知るのが最短距離になるよ☆彡

 

 

敏感肌の方のことならわかるっていう僕も

例えば 癖っ毛で悩んでるような人の

気持ちは正直よくわからんないし

 

自分がペッタンコ髪なんで

ヘアカットで活かせるようなふわっとした癖毛になりたい憧れもあるし

 

そんなお悩みがある人なら

癖毛の人に特化したサロンに行くのが◎

 

 

コンビニよりも6,5倍多い

全国の理美容室の数 どこも一緒じゃなく

考え方も全然違うってこと覚えといて✋

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとう♬

では また明日

 

 

お問合せ・ご予約はコチラから

0794-83-2866

 

HAIR SHIFT 公式LINE

 

おすすめの記事