化学染料のヘアカラーよりも

退色しにくいからヘナ染めに変えて

髪もパサつきもなくなり良かったけど

 

 

 

 

「ヘナとインディゴで2度染めしたら

思いのほか明る過ぎるのが最近気になる

こんな時ってどうしたらいいのー」

 

 

 

 

 

 

 

暗めのヘアカラーから

ヘナで染めてくれるようになって

 

 

ハナヘナ歴4年のゲストさんの「E」さん♪

 

 

 

before

 

 

 

 

天然植物の持つ染料で染めてるとは思えないくらい

イイ色になってるでしょ^^

 

 

 

 

お仕事の関係もあって

もうちょい落ち着いた色味が希望ってこと

 

 

※2度染めの仕上がりの髪色は

元々に白い髪の量によって全然違う

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで

いつもは2回目に塗る インディゴ

 

 

 

新しく伸びた根元部分しか塗らないけど

 

 

この日は毛先まで

ヘナ3:インディゴ7の配合で

 

 

 

がっつり塗布~

 

 

 

 

 

 

放置タイムが終わったら

 

 

ハナヘナで染めるようになって

伸ばしてた髪の毛も

 

久しぶりにバッサリ切ったら✂✂✂

 

 

 

 

 

できあがり♪

 

 

after

 

 

 

 

ビフォーとアフター

並べて見比べてみると

 

 

 

こんな感じに

 

 

ジャン

 

 

 

 

 

 

実物より写真でみると

違いがわかりにくいかな(・・?

 

 

 

 

単純にね

インディゴの割合を増やせば

 

もっと落ち着いた色にはなるんだけど

 

 

 

ここが要注意!

 

 

 

 

 

やり過ぎると

やっぱり明るい方が良かったってなっても

 

 

ブリーチしても駄目なんよ💀

(インディゴの色がどーしても残ってしまう)

 

 

 

 

 

 

あと

インディゴは単品で使用しない

 

 

 

ヘナナチュラルを混ぜること

 

どのくらい混ぜるかは

希望の明るさにとっても違うし

 

 

 

いつもは自宅でセルフヘナしてるって方も

 

ヘナとインディゴで髪色をトーンダウンしたいときは

 

 

必ず扱いに慣れてるサロンでするのがおすすめ☆彡

 

 

 

 

 

 

新しく生えた部分と今まで染めてた既染毛を

キッチリ塗り分けなきゃいけないし

 

 

それを自分でやろうとしても絶対にムリだかんね☝

 

 

 

 

 

 

 

インディゴは

ややこしいハーブって覚えといて

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくれてありがとう♬

 

 

 

新型コロナ感染対策について

当サロン内での対策記事はココから

 

 

 

 

お問合せ・ご予約はコチラから

0794-83-2866

 

HAIR SHIFT 公式LINE

おすすめの記事