久しぶりにヘナの染まり具合を

毛束を使って検証・実験してました

(読んでなければ過去2日の記事を参照)

 

 

 

 

お家でセルフヘナしてる方に知ってほしい

 

 

 

 

染まりやすさは

混ぜる水温が関係してるのか

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 水(12℃)
  • 熱湯(86℃)

 

放置タイムも30分と3時間

 

2つのパターンで調べてみた

 

 

 

 

 

 

その2つの毛束を並べてチェックしてみよう

 

 

 

 

 

コチラは30分の毛束の比較

 

 

左側) 水(12℃)

右側)熱湯(86℃)

 

 

➷➷➷

 

 

 

 

そしてコチラが3時間

 

 

左側) 水(12℃)

右側)熱湯(86℃)

 

 

➷➷➷

 

 

 

どうどう

 

 

 

放置タイムが30分だったら

毛束がどっちがどっちだったか

入れ替わってもワカラナイ程度の違いしかない

 

 

 

それが

3時間の長時間放置になると

あきらかに熱湯よりも水の方が濃く染まってる

 

 

 

 

 

もう一度

全部並べてみたから

 

 

よーく見比べてみて👀

 

 

 

左から

 

  • 水(12℃)  30分
  • 熱湯(86℃) 30分
  • 水(12℃)  3時間
  • 熱湯(86℃) 3時間

 

 

⇩⇩⇩

 

 

 

水で3時間の毛束が

一番濃いオレンジ色になってるでしょ

 

 

 

 

熱湯ならヘナの染料が壊れるって聞いてた話は

放置タイムが長くなると実感しやすいんだわ

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

うちのお店で施術するときは

基本的に放置タイムは30分間なんですね

 

 

 

でも

 

 

ヘナのポテンシャルがすべて発揮されるのは

放置タイムが3時間以上置いたとき

染色力もトリートメント効果がUPする♪

 

 

 

 

 

だがしかし

 

なかなか現実問題では

お店での施術中には そんな長時間はムリ…

 

 

 

 

なので ある程度のヘナ歴になれば

ゲストさんには一度は3時間を経験してもらって

自分の髪の質感の違いを体感してもらいたいんよ

 

 

 

 

 

お家でのセルフヘナ

 

ヘナを練るときオススメの水温は

熱いお湯じゃなくて水(常温)を☝

 

 

 

 

 

理由は

 

ヘナを練ってから

すぐに髪に塗るよりも寝かせた方が良い◎

 

 

これを熟成ヘナという

 

 

 

 

時間をおいた方が

ヘナの持つ”染料”や”油分”が出てきて

 

ダマもなくなり

滑らかなペースト状で塗りやすさも向上します

 

 

 

 

そして使う前に

『湯煎』で適温に調節するのがベスト☆

 

 

 

 

 

 

 

 

塗る前に寝かす 熟成ヘナっていうのは

 

『インディゴ』が

配合されてる場合は違うのでご注意を

 

 

時間が経つことで染まらなくなるから、、、

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくれてありがとう♬

 

 

 

 

新型コロナ感染対策について

当サロン内での対策記事はココから

 

 

 

 

お問合せ・ご予約はコチラから

0794-83-2866

 

HAIR SHIFT 公式LINE

おすすめの記事