急遽 明るい髪を落ち着かせないといけなくなり

自分で市販のカラー剤を使って染めたら

 

予想以上に真っ黒になってしまい大ショックです、、、

 

 

 

 

 

 

黒染めならセルフで出来そう

って思ってしまいがちですが

 

 

 

まだらにムラに染まったり

すぐに色が抜けて明るくなったりとか

 

 

思ってたんと違う っていう失敗!

 

 

 

 

 

とくに学生の頃に経験したことある人は多いんじゃないかな

 

 

 

 

 

 

 

白髪ケアだけじゃなく

 

 

明るすぎる髪を

トーンダウンさせるときでも使えるんです

 

 

 

 

”ハナヘナ”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな場面で活躍するのは

 

 

インディゴ という

ヘナとはまた違う種類のハーブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使い続けると

 

どうなるのかを実際のゲストさんの

その後の様子をみてもらおう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弔事により

 

今の明るい髪色をトーンダウンしたくて

来てくれた「Y」さん♪

 

 

 

 

 

初来店のbeforeはコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

髪の毛をこれ以上痛めさせないよう

 

化学染料のヘアカラーじゃなくて

 

 

 

 

 

天然植物インディゴの染料で

髪色を落ち着かせました

 

 

 

 

 

 

 

 

その後も毎回

髪を染めるときには

 

 

毛先は”ハナヘナ”

トリートメントとして活用して

 

 

 

 

 

 

最近の来店時のbeforeは

 

 

こんな感じに

 

 

 

 

動画でどうぞ―

 

 

➷➷➷

 

 

 

 

 

 

 

 

どうどう

もうスッカリ別人のようになってるでしょー(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど

ここで注意事項が☝

 

 

 

 

 

インディゴで

髪を傷めずに落ち着かせますが

 

 

その後に やっぱり明るくしたくなっても

思い通りの色にならないこともある

 

 

 

 

 

 

 

見よう見まねで

セルフで染める前には必ず

 

 

ヘナとハーブの取扱いに詳しいお店で

相談してからにしてみてよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正しい使い方を覚えるとね

 

 

植物の”チカラ”で

本来の自分のキレイな髪に出会えるから

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくれてありがとう♬

 

 

 

 

 

 

新型コロナ感染対策について

当サロン内での対策記事はココから

 

 

 

 

 

 

お問合せ・ご予約はコチラから

0794-83-2866

 

HAIR SHIFT 公式LINE

 

おすすめの記事