*レトロな くるくるパーマ

*女神のような寝顔姿

 

最近やたらとスマホにでてくる

佐々木希さんのInstagram記事

 

 

 

こないだは

「髪の毛のボサボサの切れ毛がたくさん」

と綴った投稿もニュースになってた

 

 

 

 

 

んっ これがボサってるって?

 

こなれ感があるようにしか見えん (;・∀・)

 

 

 

夏の髪のダメージは秋に現れる

 

 

秋になれば髪のパサつき

切れ毛や抜け毛が増えたように感じることも

 

 

そんな髪がまとまらなくなってくると

サラサラのストレートヘアに憧れて

 

 

 

ヘアアイロンを使って

スタイリングしてる方への注意事項!

 

 

 

 

 

これまで月に一度のペースで

 

ヘアカラーで白髪染め&トリートメント

年間に2回は縮毛矯正(ストレートパーマ)

で髪のケアをされてた「M」さん♪

 

 

 

今年2月の初来店時の

 

before

 

 

 

写真じゃ伝わりづらいかもしれないけど

 

 

パっとお会いしたときから

気になったのは髪のボリューム感のなさと

ヘアオイルのつけ過ぎからの髪のベタつき

 

 

シャンプー時に髪を濡らすとわかる

ガシガシする手触り感と髪の硬さが気になる…

 

 

 

 

 

普段のヘアケアをお聞きして

髪の硬さの原因がわかった☝

 

 

 

キレイに見せたいから

良かれと思ってしてたヘアアイロンが

逆に髪を痛めてしまってた

 

 

職場で髪のツヤを褒められて

止めれなかったそう。。

 

 

 

 

 

同じように

ヘアアイロンを愛用してる人へ

 

設定温度を高くし過ぎてませんか!?

 

 

 

推奨してる温度は

ズバリ140℃以下です

 

 

 

よく例えられるのが

髪の毛を同じタンパク質の卵

 

加熱すれば生卵が目玉焼きになるでしょ

 

 

 

アイロンの熱で髪の毛のケラチンタンパク質が

熱変性を起こして形状を変えることができる

(うねるクセも真っすぐになる)

 

 

ただやり過ぎると

髪が硬くなり過ぎてしまう☠

 

 

一度 目玉焼きになった髪は

生卵には戻らない(柔らかくならない)

 

 

※)乾いてる髪で

熱変性が起こるのが140℃

 

 

 

 

あとはね

アイロンの温度だけじゃなく

 

髪の水分量も重要

 

 

完全にパサパサに乾いてる状態じゃなく

触ると なんとなく瑞々しさを感じるのが◎

文章で伝えるのがとても難しい質感

 

 

 

 

なにはともあれ

 

これからは

毎月ヘナナチュラル

ヘアケアしてくれてる「M」さん♪

 

 

 

 

もうね

髪質的にみても

 

今までのようにヘアアイロンも

たっぷりとヘアオイルをつけなくても

扱いやすい髪に絶対になれるよ

 

 

 

ペッタンコで重たい髪よりも

しなやかで風が吹けばなびく髪がイイよね

 

 

 

 

 

まだまだ改善中の「M」さん

その後の様子をまたレポートしまっす😁

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくれてありがとう♬

では また明日

 

 

 

 

お問合せ・ご予約はコチラから

0794-83-2866

 

HAIR SHIFT 公式LINE

 

 

おすすめの記事