取り扱ってる【インディゴ】は国産なんですか?

 

南インド出身の女性が作る

本場の家庭料理が食べれるお店があると

教えてもらって行ってきた

 

『インダスレイ』さん

 

 

スパイスや野菜だけのヘルシーメニュー

なのに食べ応え十分のランチで大満足♬

 

はじめて食べた”ドーサ”

想像以上のでかさにビックリやわ👀

くるんと巻いたクレープみたいなやつ

 

本格的なベジタリアン対応店らしい

 

 

 

さて 日本の国土の

8.5倍の広さがあるインド

 

南インドといえば

”インディゴ”の産地なんですよね

 

 

ちょっと前に”ヘナナチュラル”の

産地について書いてたし

今日は”インディゴ”編をいってみよう☝

 

読んでなければ先にコチラから

↷↷↷

 

 

北部に位置する

ラジャスタン州の砂漠地帯に

育つ”ヘナナチュラル”と違って

 

 

”インディゴ”

湿度が高く蒸し暑い気候の

チェンナイの農村地帯で栽培されてます

 

 

 

 

マメ科・コマツナギ属に分類される

*インディゴ(インド藍)

和名はナンバン藍

 

 

藍といえば

日本国内で育てられてる

 

 

伝統的な藍染として使われてる

*蓼藍(タデアイ)

タデ科・イヌタデ属

 

東南アジアなどで分布して

沖縄で栽培されてる

*琉球藍

キツネノマゴ科・イセハナビ属

 

 

それぞれ3つとも

まったく違う科の植物でたまたま

同じような色素があったというだけで

発色する仕組みも異なるんだって🙄

 

 

髪の毛を染めるのに

使うのにはまだまだ歴史も浅い

”インディゴ”

 

ヘナナチュラルと違って

育てるのがむつかしいので

扱える農家さんの数も少ないという

 

 

”インディゴ”(インド藍)

収穫時期は年間4回あって

140センチほどの高さで刈り取られる

 

 

ヘナの葉っぱと見た目も違う

丸みがあって小さな花も咲かせてくれる

 

 

 

天然植物の染料で染めるのは

安心なイメージが高いけれど

 

ヘナ染めが地肌に合わない原因は

大半がヘナナチュラルではありません

 

”インディゴ”は感作性が悪く

刺激を感じやすいから要注意💀

(パッチテストをお忘れなく)

 

 

こんな感じで

うちのお店で取り扱ってるのは

国産じゃなくインド産

 

 

 

気になる白髪を

植物の染料だけで染められる

  • ヘナナチュラル
  • インディゴ

 

産地も性質も異なるってこと

だけ覚えといてよね✋

 

 

ちなみに染まったイメージはこちら

➷➷➷

 

 

 

冒頭で紹介したお店

 

場所は神戸の元町でやってます

ベジ料理に興味あるなら ぜひ是非~

 

 

お店のキャッチフレーズと

似顔絵イラスト

 

あのキャラに似すぎてない😆

 

 

最後まで読んでくれてありがとう♬

では また明日

 

 

お問合せ・ご予約はコチラから

0794-83-2866

 

HAIR SHIFT 公式LINE

公式ホームページ

 

 

おすすめの記事