今日は 最近よく見てるのを

勝手に ゆるっとご紹介しまっす^^

 

 

 

 

派手なアクションやミュージカルのような歌と踊りもなく

 

2時間半~3時間の上映時間があたりまえの

”ボリウッド”(インド映画)において

 

 

 

低予算で脚本なし スターもいない

96分の短い時間で

無名の子どもたちとお弁当が主役という

 

 

 

 

2011年に製作された

【 スタンリーのお弁当箱 】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家庭の事情で学校にお弁当を持ってこれない少年が

クラスの友だちの友情にささえられて

 

特大のお弁王箱を持って来るまでのストーリー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

劇中でも不潔で憎たらしい

イヤな教師役も演じてる人の監督デビュー作品で

 

 

 

1年半ものあいだ 毎週土曜日 子どもたちに学校にきてもらい

映画ワークショップに参加した子たちが出演

 

 

 

 

子どもたちは

最後まで本物の映画撮影とは知らなかったらしい(驚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • とにかくかわいい
  • そして泣ける
  • 胸がいっぱいになる

 

 

 

お弁当から人生が見えてくると

高い評価で口コミが広がった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なーんて 感想をネット上でも

 

実際に見終わってから目にしたけど

 

 

 

 

 

 

うーん なんやろうな、、、

 

 

 

 

 

 

いくつかボリウッド作品を見てみて

こういうのがインド映画なんだっていう

感覚を掴んでたらええけど

 

 

 

 

 

 

 

いきなりコレを見たら

 

 

96分持たんかもしれん (-"-)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たしかにスタンリー君は

表情豊んでかわいいから

 

 

 

”ボリウッド”にハマった人なら ご覧あれ✋

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくれてありがとう♬

 

 

 

 

 

新型コロナ感染対策について

当サロン内での対策記事はココから

 

 

 

 

 

お問合せ・ご予約はコチラから

0794-83-2866

 

HAIR SHIFT 公式LINE

おすすめの記事